加盟団体

バレーボール連盟

■あゆみ
三鷹市バレーボール連盟は、三鷹市内在住のバレーボール愛好者がそれぞれ職場、事業所のチームや愛好グループの相互の親睦と、技術の向上を図るために結成された。平成15年U月に50周年を迎えており、市内の体育団体でも最古参の連盟の一つといえる。
バレーボール連盟は、三鷹市体育協会が設立されると同時に体育協会に加盟した。その頃のバレーボール連盟加盟団体の構成をみると、企業、事業所のチームにより構成されており、当時のチーム名をみると、日本無線、東京精密、東京天文台、富士重工、三鷹市役所、三省堂、川崎タイプライター、国鉄三鷹クラブが主な顔ぶれであった。
現在の加盟団体は、三鷹球友会、京月、三鷹市役所、ラストニンジャ、OLDJAPAN 男子、OLDJAPAN 女子。休止団体は、リカルド、連雀俳球団、大和魂、ナインスターズ。
連盟発足当初は、企業・業所のクラブチームで構成されていたが、昭和43年都下市町村大会のバレーボール種目おいて男子優勝、女子が準優勝し、三鷹市の総合優勝に貢献することができた。そして、市町村大会の優勝を契機に、企業、事業所主体でない社会人や学生のバレーボール愛好者によるクラブチーム設立の話が盛り上がり、鈴木利和、中島昭夫、渡辺絋規氏寺の有志により球友愛好会が昭和43年秋に発足した。
その後、七小開放、北野クラブ等の愛好者によるクラブチームが発足したが、逆に企業、事業所チームは会社方針、景気の影響により次第に解散されていった。

 

■連盟の活動
連盟の活動の一つとして、昭和46年に第1回の小学校バレーボール(ジュニアバレー)教室を開始し、その後25年間継続された。
球技活動においては、各種大会に連盟抜粋チーム、連盟加盟チームが参加している。

 

■今後の課題
現状の問題点としては、バレーボール愛好会の減少や指導者の減少によりチーム数が少なくなってきている。このため連盟としては、指導者の育成やジュニアバレーへの育成に積極的な取り組みが課題となっている。

 

 

市民大会(混成)

 

市町村大会(男子)

 

市町村大会(女子)

 

連盟情報

年間行事
【連盟主催大会】
上半期6人体制、9人体制
下半期6人体制、9人体制
【市民大会】
中学学生大会
男子6人体制、9人体制
女子6人体制、9人体制
混成9人体制

以上の大会を公式行事としている。
団体設立
昭和28年11月
大協加盟
昭和32年7月
会員数
162名

大会の成績

平成20年
【都民大会】男子3位
【市町村大会】男子3位
平成21年
【都民大会】女子3位
【市町村大会】女子3位
平成23年
【市町村大会】男子3位
平成26年
【市町村大会】女子2位
平成27年
【市町村大会】男子3位
平成28年
【市町村大会】男子3位
平成29年
【市町村大会】男子3位
平成30年
【市町村大会】女子2位

役員

会長
鶴長 靖武
理事長
田上 隆
副理事長
田口 健太
体協担当
小林 大介