加盟団体

釣魚連盟

本連盟は創立年余67年の歴史を有する団体で,若者から高齢者までの趣味の充実と健康増進,ならびに地域社会での親睦と交流を目的とした活動を行っている。
市内に釣りができる環境はないが,比較的短時間で釣り場に行くことができる。毎回,貸切バスを利用して,朝5:30に市役所を出発,現地には7時前後に到着する。釣船に乗船し,釣り場へ向かう。午後2時頃には釣りを終了し,陸に上がって検量,帰途につく。市役所には夕方5時前後に到着する。往復のバス内はベテランからの釣り方の指導,釣った魚の料理法など楽しい話で盛り上がる。
気軽な釣り会ですので,広く市民の参加を期待しています。

 

市民ハゼ釣り大会(2018.8.26千葉県木更津)

 

ホウボウ釣り大会
(2019.2.17庄三郎丸)

連盟情報

団体創立
昭和29(1954)年2月
団体加盟
昭和32(1957)年7月
会員数
100名

役員名

会長(総括,事務局)
好野 則夫
理事長/副会長(広報)
山田 和昭
理事(会計)
池端 仁
理事(会計)
中曽根浩一
理事(企画)
中村 重之
理事(渉外,総務)
栗原 昌孝
監 査
大内 強
顧問
伊東 光則
顧問
宮内 俊幸

あゆみ

平成19 (2007) 年
総会兼新年会の席で,任期半ばの吉野会長に替り石崎新会長を選出した。都釣連には役員を派遣,諸行事に協力し,円滑化を図った。フナ,ハゼの選手権に選手を派遣し,他地区との交流を深めた。年間行事の秋フナを中止し,ハゼに変更した。
平成20 (2008) 年
誰にでも楽しめる市民スポーツの釣りのために,市報への行事掲載とホームページの開設,大会の参加チラシ作成と市施設(体育館,各コミュニティセンター)への案内掲示,釣り場での実技指導,新しい企画を検討した。
平成21 (2009) 年
総会兼新年会にて会長交代の動議があり,役員の改選が行われ新会長に好野則夫,理事長に宮内俊幸が選出され,新体制で新年度を迎えることとなった。連盟規約も改訂し,役員の年齢制限ほか,細部に亘り検討し,時代に即した規約にした。大会ごとの表彰を廃止し,年間賞を制定した。役員一新による新たな発想とその実行状況が好感を受け,会員ならびに一般市民の釣行行事への参加者が急増した。
平成22 (2010) 年度
本連盟の会計年度を4月~翌年3月に変更した。役員一新後の2年目で,実行状況が好感を受け,入会者が増え,行事の参加者数は確実に増加した。市民を対象とした積極的な釣連の運営が定着してきた。
平成23 (2011) 年度
本会規約第5条(役員の任期は2ヶ年)に従い,平成23年度の総会で役員改選が行われ,役員全員が留任。年間行事のうち,初回のフナ釣り大会は東日本大震災により自粛した。年間行事を一部変更したが,参加者は増加した。
平成24 (2012) 年度
加盟上部団体である都釣連への参加援助金が三鷹市体育協会から打ち切られ,また,都釣連バッヂの購入義務をはじめ年間経費が概ね10万円と高いこと,さらに,一部競技者の不正行為への不満などから,平成24年の本連盟総会決議により,都釣連を退会した。
宮内理事長の主導で8月の大会を「市民アジ釣り大会」とし,草の根育成事業団に助成金を申請, 133,352円を受けた。
平成25 (2013) 年度
役員改選の年。欠員であった会計担当役員に池端氏が就任し,その他役員は留任。
平成25.4.21のフナ釣り大会は雨と寒さのため中止。 8.4の大会を「三鷹市シニアアジ釣り大会」とし,東京都から助成金を得た。9.15のハゼ釣りは台風豪雨のため中止。平成26.2.16のカサゴ釣り大会は前々日の大雪により中止。
平成26 (2014) 年度
8.3の大会を「三鷹市シニアアジ釣り大会」とし,都からの助成金を得た。27.2.15のカサゴ釣り大会は,寒い時期の船釣りにもかかわらず,参加数は25名の満員となる。「広報みたか」を見ての一般市民の参加者が6名と普段より多く,一般市民参加は魅力的な魚種への希望が多い。使用料無料のスポーツバスの年間使用回数が従来の年7回から3回と激減し,会運営に多大な影響が及ぶと判断,大会参加費,ならびに年会費を増額。
平成27 (2015) 年度
27.4.5の総会で役員改選,会長以下全員留任。
本年度は市民ハゼ釣り大会以外,参加数が少ない川釣りを止め,船釣りのみに変更したが,カワハギ釣りが3回続き,一部の会員から不満が出た。27.2.14のカサゴ釣り大会が春一番の強風のため,3.21に延期。
平成28 (2016) 年度
会員の高齢化が顕著で,役員ならびに監査役の辞退者が現れ,急遽補充。
平成29 (2017) 年度
役員改選で会長以下全員が留任。しかし,宮内氏が体調不良のため理事長を辞退,山田副会長が理事長を兼任し,体協の派遣理事に就いた。会計担当役員の玉井氏が体調不良のため任期途中で辞任,藤原氏が後任に就く。28.9.17ライトアジ釣り大会は台風のため中止。
平成30 (2018) 年度
会計担当役員の藤原氏が体調不良のため辞任,中曽根氏が就任した。スポーツバスの利用が年2回になる。本年度は趣向を変えてライト五目,ホウボウを入れた。また,帰還時間が早くなる湘南を釣り場として2回採用した。30.6.10(シロギス)と31.3.16(イシモチ)が天候不順で中止。