加盟団体

三鷹市サンボ連盟

■連盟の歩み

サンボの普及発展を目的に2001年6月より東京都多摩地区の各体育施設を拠点としてサンボ教室や講習会等の活動を始める。

SUBARU総合スポーツセンター(2017年5月)のオープンを機に三鷹市を活動拠点の中心とし、土曜日・日曜日・祝日には会員が集まり練習を行っている。

2021年1月に、より地域に根ざした活動を目的とし三鷹市サンボ連盟を設立、サンボの魅力を感じてもらえる機会を提供するとともに、三鷹市のスポーツの発展に貢献できるよう活動して行きたいと考えております。

 

 

三鷹市サンボ連盟
三鷹市サンボ連盟
三鷹市サンボ連盟
三鷹市サンボ連盟
■サンボとは
サンボは、柔道とレスリングを中心とし各民族格闘技の技法を総合して作られた組技系挌闘競技で、サンボ着・サンボシューズを着用しレスリングマットで行います。
ルール上で組み手の制限が少ない事もあり多様な投げ技と、寝技での関節技の多彩さを特徴としています。

[日本の状況]
・毎年、全日本サンボ選手権大会が開催されている。
・毎年、全日本キッズサンボ選手権大会が開催されている。
・1996年11月 代々木第一体育館において世界サンボ選手権大会が開催される。
・2014年11月 千葉県成田市において世界サンボ選手権が開催される。
[世界の状況]
・毎年、世界サンボ選手権が各国で開催されている。
・2013年7月 ユニバーシアード競技大会に採用され日本選手も派遣される。
・2018年9月 アジア競技大会に採用され日本選手も派遣される。
三鷹市サンボ連盟
三鷹市サンボ連盟
三鷹市サンボ連盟
三鷹市サンボ連盟
三鷹市サンボ連盟
お問合せ
E-mail:mitaka.sambo@gmail.com
担当:田中

連盟情報

団体設立
2021年1月
体協加盟
2022年4月
会員数
50名
練習場所
SUBARU総合スポーツセンター
練習時間
土曜日 18:00〜21:00
※不定期で日曜日・祝日に練習会や講習会を行う

役員

会長
田中 泰秀
副会長
辻井 啓作
理事長
原 幸司
相談役
松本 卓一