29 ゲートボール協会
会長/石川 善正  理事長/吉田 清
体協理事/吉田 清
評議員/箕輪頼幸・高橋勝子

設立/昭和57年4月
登録団体/15クラブ 会員数 100名
年会費/1,000円

主な活動場所/井口特設グラウンド
       下連雀ゲートボール場
       北野南ゲートボール場

H18年度
成績/都民体育大会   女子 7位        
市町村総合体育大会    優勝      
  
主な年間活動/
4月 お花見GB大会、春季GB大会、
    春季交通安全GB大会
5月 都民体育大会
6月 春季審判研修旅行会
7月 市町村総合体育大会
    駅前住民協議会GB大会
9月 秋季GB大会、秋季交通安全GB大会
    生涯スポーツGB大会
10月 体育祭スポーツ大会、矢吹町交流大会
11月 秋季研修旅行、東多摩ブロック大会
     雀住民協議会GB大会
12月 年忘れGB大会
1月  初打ちGB大会
3月  技能コンテスト、全国選抜GB大会
特徴/
1.老若男女を問わず、一緒にしかも対等に楽しめる軽い屋内・外スポーツです。
2.5人対5人で行う団体ゲームです。決して難しくはないのですが、ある程度頭も使いますから、若い人にも楽しめますし、年配の人には老化防止にも役立ちます。
  

homepage
連絡先会長 菅沼 大作 電話 47−2124

 ゲートボールは何処で生まれたかご存じでした?
 ゲートボールというとお年寄りのスポーツで、欧米から入ってきたゲームというイメージを持つ人が多いと思いますが、実は、終戦直後、北海道の芽室町というところで、子供たちのために考案された国産のゲームであるということはあまり知られていません。
 このゲームを習得した先輩たちによって三鷹市に当協会が設立されたのは昭和57年ですから、平成19年4月で25周年を迎えます。この間に、競技の規則や競技方法にいろいろな工夫や改善が行われてきましたが、小さな子供からお年寄りまで、男女を問わず、一緒にしかも対等に楽しめる、本当に親しみやすいゲームです。
 現在、三鷹の会員は約100人ですが、市内には常設のゲートボール場が3カ所あり、その他にも数カ所の公園等の空き地を利用して、15のクラブの会員が毎日練習に励んでいます。
 ゲートボールは団体競技ですが、球を打つ技術だけではなく、作戦が勝敗に大きく影響する非常に奥が深く興味深いゲームです。初心者の方には丁寧に指導する講習会も実施しています。
 難しい技術に挑戦するもよし、ただ気楽に球を打つのもよし、外の空気を吸いながら体調に合わせてできる楽しいスポーツです。 <年中無休で会員募集中!>