19 少林寺拳法連盟
会長/吉野利明 理事長/河西 豊
体協理事/吉岡一広・片桐澄重・吉野利明
評議員/山口 徹・栗生 信

設立/s43年9月
登録団体/●チーム
会員数/90名
年会費/連盟登録6000円

主な活動場所/第二体育館

成績/都民大会男子3段以上の部、6位
        男子初・弐段の部、2位、4位
       男子段外の部、2位、6位
         女子有段・段外の部、2位、4位

主な年間活動/
4月  春季大会、講習会(市民対象)
5月  東京都民大会(社会人)
6月  
7月  東京都大会、夏季合宿
8月  全日本少年武道練成大会
9月  
10月 市民体育祭(演武会)、講習会(市民対象)
11月 全国大会
12月 稽古納め
1月  稽古始め
2月  三鷹市民駅伝大会
3月  
特徴/
1,年齢を越えた仲間作りを目指しています。
年少部から一般社会人まで幅広い年齢層か特徴です。
2.その他/スローガン
「半ばは自己の幸せを 半ばは他人の幸せを」 

homepage


 拳禅一如
  少林寺拳法とは勝敗を目的とせず、人間の身心の改造を図る為の手段であり、健康増進・精神修養・護身鍛錬を兼ね備えた法である。
 そして拳は体を、禅は心を表し心身共に上達を図る修行法であり、突き、蹴り、受け等の剛法と抜き、守り、逆を捕るという剛柔一体の理想的な技法です。
 そしてその修行を週に二日、水曜日に三鷹武道館で、土曜日に第二体育館、福祉会館等で夕方六時より行っています。
 その参加人容も様々で、年少部から一般社会人まで老若男女を問わず同じ練習を通じて頑張っています。
また、活動内容として、五月の都民大会、七月の東京都大会、十月の市民体育祭への参加、実施により研鑽、向上に努めています。
 その成果は入賞や全国大会への出場により結果を出すまでに至り、日々の努力が現れたものと思われます。
また、昇級・昇段により自身に自信が生まれ、後輩への指導等により高い向上へとつながっています。
 時にレクリエーション、他の道院との合同練習、部内の懇親会・忘年会等と日ごろの会社、仕事とは離れた付き合いの中で交流を深めていく利点(?)もあります。
 このような運営・活動を通じて日々精進を図っています。